2006年09月27日

本日の1冊 No.0021 - ノーラの箱舟(御厨さと美)

ノーラの箱舟/御厨さと美(みくりやさとみ)

NorasArk1.jpg


[全1巻] B6版 (絶版)
1978年12月15日頃 奇想天外社より発売。定価480円。


[ あらすじ ]

ノーラの箱舟:ビックコミック・オリジナル(小学館 1977年) 掲載
ある日、アメリカ軍所有の世界最強巨人空母「魔王号」にDNA(米国防総省防衛核兵器局)の査察官が乗り込んできた。
ノーラ・スコラ中尉と名乗る査察官を見て出迎えた空母のクルーは驚愕する。
金髪の若い美少女であったのである。
デコンポーザー:コミック・ギャング(双葉社 1977年) 掲載
香港空港に間もなく着陸しようとする飛行機のコクピット。
着陸待ちの待機中で穏やかな空気が流れている。
と突然アラームが鳴り響き緊張が走る。
「1番エンジン出力低下!」
「おい!見ろ1番の燃料計を!」
燃料系は空の状態を指していた。
パイロット達の必死の操作にもかかわらず飛行機は墜落した。
そして以降、次々に飛行機の墜落事故が続く。
しかし、それだけではなかった。
なんと大型タンカーも沈没する事故が相次いだのだ。
家でくつろいでいた井上微生物研究所の研究員 湯川のもとに すぐに研究所に来るようにとの電話が入る。
NorasArk2.jpgいそいで研究所に向かうと、所長は研究員全員に航空局からの依頼で香港沖に墜落した事故機の原因調査を行うと告げ事故機の燃料タンクの一部を皆に見せる。
それは驚くべき状態だった。
カビによる腐食が起きていたのだ。
そしてこれは、さらなる惨劇の幕開けに過ぎなかった。
カビや微生物による金属の腐食ってのは結構論文が出ているようですね。
ちょっとみでは、ステンレス綱の腐食の論文が多いです。
だから、最近の飛行機はそう言う点での対策は行っていると思いたいですね。
最近では、予想外の現象による金属疲労の方が問題になっているので何とかして欲しいです。
原発での金属疲労ってのは洒落にならんですよ。
ウエポン”X”:パワァコミック(双葉社 1976年) 掲載
ルポルタージュ作家の岩田は現在1つのネタを追っていた。
日本は、原子力開発では世界一流だが保安態勢はどうなのか。
使用済み放射能廃棄物を盗まればらまかれたら大変なことになる。
それは、沖縄から送られてきた1枚の写真から始まった。
そこには見たことのない黒塗りのセスナが写っていた。
詳しいものに聞くとそれは農薬散布用のセスナで、日本に1機しか輸入されておらず、その1機は調布にあるという。
だが、写真は沖縄の離れ小島で撮られたものだ。
航続距離の短いセスナが何故そんなところを飛んでいるのか。
爆弾作るよりも簡単なテロの方法ですね。
ファンタジア・カフェ・ノワール:漫画アクション増刊(双葉社 1978年) 掲載
その星には名前がなかった
住人もいなかった…
今1隻の宇宙船がその星に近づき廃棄物を投下して去っていく。
彼らは、廃棄局の人間で廃棄物放出を何度も繰り返していた。
1人の男はそれに飽き飽きしていた。
ある日、規則に違反し敢えて軌道を変えてしまう。
気分転換に他の軌道で帰ろうというのだ。
もう1人の男は救助信号を出そうとするが結局諦めて従うことにした。
同じく飽きていたのだ。
軌道を離れて飛んでいると、進路状に星図にないステーションを見つける。
帰投時間にあまり時間はないが、宇宙食でないものを食べられるという誘惑に負け、立ち寄ることに決める。
不思議なことに、食堂の客は廃棄局の服を着ているが見慣れない顔ばかり。
そして、出された料理も合成食でない肉料理。
規則違反ではないかと2人で話していると周りが不穏な雰囲気に包まれてきた。
実は、このタイトルには少し意味があるのですが、そこの話まで書くとあらすじじゃなくなってしまうので割愛。
オチがまた…。コメディではないのですけど。


[ 登場人物 ]

  • ノーラ・スコラ中尉:(ノーラの箱舟)
     ノーラの箱舟の主人公。
     元気一杯の金髪美人。
     諦めることを知らない前向きな娘。
     元国連事務総長スコラ女史の娘。
  • ノーラの仲間:(ノーラの箱舟)
     ザカライアセン少尉。
     マッキンタイヤー技術兵曹
     ノーランド少尉
  • J・ドハティ中将:(ノーラの箱舟)
     原子力空母魔王号(アーティフィーンド)の艦長

[ 収録作品 ]

ノーラの箱舟
Part1
Part2
Part3
デコンポーザー
ウエポン”X”
ファンタジア・カフェ・ノワール
あとがき

”ノーラの箱舟”は”NORA”に収録のものと全く一緒です。扉絵も同じ。
元々こちらに収録していたものを”NORA”に再掲載したわけですね。
だから、ノーラが出る話のみが必要であるならば、他の収録作品には出て来ませんのでこの本を買う必要は全くありません。
表紙のノーラの為だけに買うという人は別ですけど。

御厨さと美 公式サイト: Welcome to NORA



posted by へじほぐ at 22:37| Comment(0) | 御厨さと美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。